小山自動車教習所の取り組み

当教習所では、初心運転者の教育だけではなく、地域貢献活動の取り組みとして、幼稚園児などに対する『子ども交通安全教室』を行っております。

子ども交通安全教室を行うことになりましたいきさつは、今までに当社をご利用いただいた地域の皆様への恩返しという意味と、さらに交通社会において安全な取り組みを行うべく、平成9年から始めました。

今や、周りの方々のご協力を得まして、平成29年4月に38回目をの子ども交通安全教室を開催することが出来ました!

毎年、春と秋に幼稚園児と保護者を対象に、信号機の意味や正しい道路横断の方法など、紙芝居や腹話術などを活用して、楽しく学べる交通安全教室を開催しております。

ここまで続けられたのも、小山警察署はじめ、小山市役所交通ボランティア団体の皆様そして取引先の方々など、多くの皆様のおかげと社員一同、感謝申し上げます。

子ども交通安全教室実施状況

平成9年から、平成28年9月までにおける、子ども交通安全教室の実施歴になります。

子こど交通安全表

平成29年4月12日

平成29年4月12日、前日に降っていた雨はすっかりやみ、晴天に恵まれた中で38回目の子ども交通安全教室が開催され、無事に終えることができました!

参加されたのは栗の実幼稚園の園児215人

また、小山警察署小山市役所交通安全協会保護者、その他多くの協賛の方々にもご協力頂きました。さらにご当地ヒーローである雷様剣士ダイジ、栃木マスコットキャラクターであるとちまるくんも初参加しました!

以下に、その様子を掲載します!

晴天にも恵まれ、暖かい陽気の中で迎えた子ども交通安全教室の日

園児達が到着するまでに準備に取り組む、指導員をはじめとして、たくさんの方にご協力頂きました。朝早くからご苦労様でした!

前回に続きまして、交通機動隊の方々もいらっしゃいました。白いバイクがかっこいいですね。

また栃木のマスコットキャラクターである『とちまるくん』も到着しました!

小山自動車教習所に到着する園児たち。今回は、栗の実幼稚園の約215名の園児が来てくれました!

最初は小山警察署のお巡りさんからのお話

小山市役所の方が、紙芝居を使ったりして、マロニエ号のかたが腹話術で園児達に信号の意味を教えて頂きました!

またご当地ヒーロー『雷様剣士ダイジ』が登場。園児と一緒に交通を学びました。

交通機動隊のバイクとパトカーに、園児の前でデモ走行をして頂きました。

白バイの運転手さんにも、一言!

そのあと早速、園児たちは教わった横断方法で道路を渡ります!

小山警察署長から、交通安全を守りましょう、との挨拶を頂きました!

交通安全を祈願しての風船を飛ばしで締めくくられました!同時に園児たちが歓声を上げます!

そして締めにみんなで集まって集合写真!交通事故の無い世の中になることを、心より願います!